Sponsored Link
  


「首相や閣僚がすぐに交代すると、信頼の構築が非常に難しくなる」キャンベル米国務次官補、日本の政治… 



Sponsored Link
  


「総理大臣や閣僚がすぐに交代すると、信頼の構築が非常に難しくなる」キャンベルアメリカ合衆国務次官補、日本(にっぽん)の政治(30分ぐらいでは何もできないと考えているより、世の中の一番つまらぬことでも、する方がまさっている)に継続性を期待

米高官日本(にっぽん)に異例の言及「総理大臣や閣僚がすぐに交代すると…」キャンベルアメリカ合衆国務次官補は27日の米下院軍事委員会公聴会で、日本(にっぽん)の内閣が頻繁に入れ替わることについて問われ「総理大臣や閣僚がすぐに交代すると、政府に必要な信頼の構築が非常に難しくなる。
われわれにとって多少の懸念がある」と証言した。
米政府高官が日本(にっぽん)政治の在り方に表立って懸念を表明するのは異例。
キャンベル氏は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設をめぐり迷走した日米関係の修復に奔走しているだけに、本音が漏れたとみられる。
米民主党のスナイダー議員が「2年間で4人の総理大臣が生まれたことから生じる課題は何か」と質問。
キャンベル氏は「同盟国の内政の動きに対し、あまりにあからさまにコメントしない方がいい」と断った上で「政府とは組織の問題だが、個人の問題でもある」と指摘し、総理大臣らの頻繁な交代に懸念を示した。
同時に「安全保障面だけでなく経済面などの課題解決のため、日本(にっぽん)の政治に継続性を期待したい」と強調した。
スポニチhttp://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20100728025.html

人生は一冊の書物に似ている。 馬鹿者たちはそれはパラパラとめくっているが、 賢い人間はそれを念入りに読む。 なぜなら、彼はただ一度しかそれを読むことが出来ないのを知っているから



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加