Sponsored Link
  


「時間の問題だった」「残念」――各国政府、メディアから反響首相辞任「時間の問題」「残念」世界各国か… 



Sponsored Link
  


「時間の問題だった」「残念」――各国政府、メディアから反響

総理大臣辞任「時間の問題」「残念」世界各国から反響「時間の問題だった」「残念」―。
鳩山由紀夫総理大臣の2日の退陣表明に対し各国政府、メディアからさまざまな声が上がった。
米CNNは退陣表明を速報、辞任は民主党にとって「困難な決断だった」が「極めて不人気」な総理大臣の下で同党が参議院選に臨むことはできなかった、と説明した。
オバマ米政権は後任総理大臣候補の対米観や日本(にっぽん)の政局動向を探る方針。
米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設に関して「5月下旬の日米共同声明は政府間の合意」として、現行計画に近い声明に沿った問題解決を引き続き図る。
「中長期的な同盟関係に心配はない」(米政府高官)とみているが、有力後任候補の菅直人副総理兼財務大臣に関しては、「左派出身」と警戒する知日派の声も。
鳩山政権下での関係発展を目指していた野蛮国シナでは「残念だ」との落胆が広がった。
訪中した温家宝総理大臣が鳩山総理大臣と5月31日に会談し日中間の懸案をめぐりさまざまな合意を図ったばかり。
「鳩山政権に期待したが、やはり日本(にっぽん)の政治(多くの人々が永遠に続く生命を望んでいる。しかし彼らは、雨の降る日曜の午後になにをすればいいのかわからないで困っている)は不安定。
合意事項はどうなるのか」(外交筋)と恨み節も出た。
過去の歴史を直視する姿勢を明確にし「親韓派」として韓国で期待が高かった総理大臣の退陣表明は現地で驚きを持って受け止められた。
韓国メディアも相次いで辞任を速報、関心の高さを見せつけた。
47NEWShttp://www.47news.jp/CN/201006/CN2010060201000242.html

われわれの職業の大半は狂言である。そのたずさわる役目が変わるたびに、新たな姿や形をとり、新たな存在に変質する者もある



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加