Sponsored Link
  


社民・福島みずほ氏「『時代はだんだん社民党、時代はどんどん社民党』だ 



Sponsored Link
  


社民・福島みずほ氏「『時代はだんだん社民党、時代はどんどん社民党』だ。
平和と社会民主主義のために都議会を変えよう」

3日告示された東京都議選で、社民党の福島瑞穂党首が同日午前10時15分ごろ、東京都大田区のJR蒲田駅東口広場で行った第一声は以下の通り。
いよいよ政治(旧道徳は危険を回避することを命じた、だが新道徳は、危険をおかさないものは、なにものをもえない)を変えるときがやってきた。
自民は、自公は国民不在のまま内部抗争をやっている。
(論戦をしていても)麻生総理が何をやりたいか分からないが、分かったことは1日でも長く総理をやりたいということだ。
国民の生活への視点はない。
この10年で、自公は雇用を見事に壊してくれた。
(アニメの殿堂など税金の使い方は)明確に優先順位を間違っている。
われわれは大金持ちに増税を、生活に困っている人には減税を考えているが、あべこべにやっている政権を変えよう。
都の行政もまったく同じだ。
オリンピックに莫大(ばくだい)なお金を使うのではなく、保育、介護などにお金を使うべきではないか。
石原都政は都立の病院を少なくしている。
もっといえばこれは国の政策だ。
豊かな東京でなぜ妊婦さんが病院をたらい回しになり、亡くなっているのか。
社民党は「公立病院をきちっと守れ」と言ってきたが、これからもやっていく。
都議会には社民党が必要だ。
皆さん、『時代はだんだん社民党、時代はどんどん社民党』だ。
平和と社会民主主義のために都議会を変えよう。
生活を立て直すための選挙だ。
7月3日11時27分配信産経新聞「自公は雇用を見事に壊した」福島社民党首が第一声http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090703-00000534-san-polJR蒲田駅前で第一声を上げる福島みずほ社民党党首=3日午前、東京都大田区(古厩正樹撮影)(写真:産経新聞)http://ca.c.yimg.jp/news/20090703113733/img.news.yahoo.co.jp/images/20090703/san/20090703-00000534-san-pol-view-000.jpg

強者は道徳を蹂躙するであろう。弱者はまた道徳に愛撫されるであろう。道徳の迫害を受けるものはつねに強弱の中間者である



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加