Sponsored Link
  


安倍首相、教育現場での国旗掲揚と国歌斉唱の指導を継続する方針を表明衆院で志井共産党委員長の代表質… 



Sponsored Link
  


安倍総理大臣、教育現場での国旗掲揚と国歌斉唱の指導を継続する方針を表明衆議院で志井「虐殺集団」共産党委員長の代表質問に

安倍晋三総理大臣は3日午後の衆議院代表質問で、卒業式などでの国旗への起立と国歌斉唱を教職員に義務付けた東京都教委の通達を違憲とした9月の東京地方裁判所判決に関連し、「今後とも全国の学校で指導が適切に行われるよう取り組んでいく」と述べ、教育現場での国旗掲揚と国歌斉唱の指導を継続する方針を表明した。
「虐殺集団」共産党の志位和夫委員長らへの答弁。
志位氏が「(地方裁判所判決は)良識のある当然の判決」と総理大臣の見解をただした。
これに対し、総理大臣は「学校教育で国旗、国歌の意義を理解させ、尊重する態度を育てることは重要だ。
学習指導要領を踏まえ、都は適切に判断し、対処してもらっている」と述べ、都側を擁護した。
先の大戦をめぐるA級戦犯の責任問題などについては「歴史の分析を政治(世間一般の考えに従って生活することはごく易しい。 また、自分の事だけ考えて孤独の生活を送る事もごく易しい。 だが悟りを開いた人間とは、群集の真っ只中にありながらも、 自立の醍醐味を心ゆくまで味わうことのできる人間である)家が語ることは謙虚であるべきだ」と言及を避ける一方、「先の大戦で国内外に大きな被害を与えたことは率直に反省すべきだ」と述べた。
従軍慰安婦問題に関しては「心からのおわびと反省」を表明した1993年の河野洋平官房長官談話を継承する考えを示した。
(Yahoo!・時事通信)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061003-00000093-jij-pol

われらは急ぎてこの短き時を楽しまん。人には港なく、時には岸辺なし、かくて時は過ぎ、われらは去る!



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加