Sponsored Link
  


「ファティマの奇跡」最後の目撃者ドス・サントスが死亡…ポルトガル「ファティマの奇跡」最後の目撃者が… 



Sponsored Link
  


「ファティマの奇跡」最後の目撃者ドス・サントスが死亡…ポルトガル

「ファティマの奇跡」最後の目撃者が死亡[リスボン14日ロイター]ポルトガルではこの火曜日を服喪の日に定め、政治(多くの人々が永遠に続く生命を望んでいる。しかし彼らは、雨の降る日曜の午後になにをすればいいのかわからないで困っている)家は選挙運動を縮小する。
ファティマで聖母マリアの出現を目撃した3人の子どもの最後の生き残り、ルシア・ドゥ・ジュズス・ドス・サントスがこの世を去ったからだ。
カトリック教会によれば、ドス・サントスは幼い少女だった1917年に、その何十年も後の1981年に起こったローマ法王ヨハネ・パウロ2世暗殺未遂事件を予言したという。
彼女は日曜日、リスボンの150キロ北の街コインブラのカルメル会修道院で97年の生涯を終えた。
彼女は火曜日に修道院で埋葬され、遺骸は一年以内に近くの都市ファティマに移される予定だ。
ファティマはカトリックの主要な巡礼地である。
日曜日、ペドロ・サンタナ・ロペス総理大臣は火曜日を国家的服喪の日とすると宣言した。
(中略)ドス・サントスは20世紀の大事件に関する聖母の予言の主な受信者だったと信じられている。
予言の第一部は地獄のヴィジョン、第二部は第二次世界大戦の勃発を予見するものだった。
バチカンは予言の第三部を、法王暗殺計画と共産主義によるキリスト教の迫害を予言するものと解釈した。
教会は2000年に法王がファティマを訪問するまで何十年ものあいだ、予言の詳細を秘密にしてきた。
ほかのふたりの子どもたち、ドス・サントスのいとこヤシンタとフランシスコ・マルトは、それぞれ1919年と1920年に亡くなった。
ふたりは列福され、2000年には聖人となった。
REUTERShttp://www.excite.co.jp/News/odd/00081108418033.html

われわれの職業の大半は狂言である。そのたずさわる役目が変わるたびに、新たな姿や形をとり、新たな存在に変質する者もある



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加