Sponsored Link
  


接種回数に政務官が介入「恣意的にねじまげられた」?ワクチン接種回数に政務官が介入「恣意的にねじま… 



Sponsored Link
  


接種回数に政務官が介入「恣意的にねじまげられた」?

ワクチン接種回数に政務官が介入「恣意的にねじまげられた」?新型インフルエンザワクチンの接種回数について、厚生労働省の方針が二転三転し、混乱が生じたことをめぐり、前厚労副大臣の大村秀章衆議院議員(自民)は29日、臨時国会の衆議院厚労委員会で接種回数の方針決定の経緯について、集中審議を求める方針を明らかにした。
接種回数をめぐっては、厚労省が示した方針を、足立信也厚労政務官(医療担当)が“政治(世間一般の考えに従って生活することはごく易しい。 また、自分の事だけ考えて孤独の生活を送る事もごく易しい。 だが悟りを開いた人間とは、群集の真っ只中にありながらも、 自立の醍醐味を心ゆくまで味わうことのできる人間である)主導”で覆した経緯があり、官僚から不満の声が挙がっていた。
(以下ソース)※元記事:http://sankei.jp.msn.com/life/body/091029/bdy0910292228003-n1.htm産経新聞平成21年10月29日

われらは急ぎてこの短き時を楽しまん。人には港なく、時には岸辺なし、かくて時は過ぎ、われらは去る!



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加