Sponsored Link
  


「日本の危機悪化、政治のせい」「自民党も不人気すぎ」「株式買い上げ対策もダメ」…英紙、社説で批判「… 



Sponsored Link
  


「日本(にっぽん)の危機悪化、政治(世間一般の考えに従って生活することはごく易しい。 また、自分の事だけ考えて孤独の生活を送る事もごく易しい。 だが悟りを開いた人間とは、群集の真っ只中にありながらも、 自立の醍醐味を心ゆくまで味わうことのできる人間である)のせい」「自由民主党も不人気すぎ」「株式買い上げ対策もダメ」…英紙、社説で批判

「日本(にっぽん)の危機悪化、政治のせい」英紙、社説で批判・「日本(にっぽん)の危機は政治がマヒしているせいで悪化している」。
英フィナンシャル・タイムズ紙は25日付の社説でこう指摘し、日本(にっぽん)はすぐに総選挙を実施して、意思決定できる政府をつくるべきだと訴えた。
社説は「邦銀は外国の金融機関ほど不良資産にさらされていなかったことから、日本(にっぽん)は当初は金融危機から守られていた。
しかし、慢性的な輸出依存により、世界の需要が衰えると経済が止まってしまった」と日本(にっぽん)経済の現状を分析。
こうした状況に麻生政権は、不十分な対応を続けていると批判した。
さらに「麻生政権は弱体化しすぎていて、政策を通せない。
自由民主党も不人気すぎて、(任期満了となる)9月より前の総選挙を、検討もできなくなっている」とした。
浮上している「税金による株式買い上げ対策」も「金がかかりすぎ、銀行が一息つけるだけで一時的な対策にしかならない」と断じた。

われらは急ぎてこの短き時を楽しまん。人には港なく、時には岸辺なし、かくて時は過ぎ、われらは去る!



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加