NO IMAGE

「問題ありすぎの鳩山政権、首相の顔を代える動きが進む」「亀井氏は自分が首相になると思ってる」…特別… 

「問題ありすぎの鳩山政権、総理大臣の顔を代える動きが進む」「亀井氏は自分が総理大臣になると思ってる」…特別編集委員・<テレビジョンウォッチ>岸井成格(特別編集委員)が「水面下で、総理大臣の顔を代える動きが話として進んでいる」という。日米関係に影を落とす普天間飛行場の移設問題、ごたごた続きの2次補正予算、鳩山総理大臣の偽装献金問題から噴出した母親からの巨額な資金提供…と内憂外患どころではなくなった。永田町では3つ合わせて『トリレンマ』と呼ばれているそうだが、嵐の兆しが見えたのは12月8日朝、総理大臣官邸で行われた菅副総理と亀井金融担当相の怒鳴り合い。発端は、国民新党の亀井代表が臨時閣議と閣僚委員...

記事を読む

NO IMAGE

「日本は昔の小切手外交に逆戻り」海自インド洋撤収で英専門家海上自衛隊のインド洋での補給活動が15… 

「日本(にっぽん)は昔の小切手外交に逆戻り」海自インド洋撤収で英専門家海上自衛隊のインド洋での補給活動が15日で打ち切られたことについて、英王立防衛研究所(RUSI)のジョナサン・イール国際安全保障研究部長は「日本(にっぽん)が昔の小切手外交に戻ると表明するつもりなら残念極まりない」と批判的な見解を示した。発言要旨は次の通り。◇民主党の小沢一郎幹事長が言うように、日本(にっぽん)の補給活動は決定的に重要なものではなく、米軍の作戦は日本(にっぽん)なしでも継続できるが、資金の手当てと、他国が補給艦を出す必要が生じる。問題は二つある。第一に、アメリカ合衆国が3万人、英国が700人以上のアフガンへの...

記事を読む

NO IMAGE

安倍首相の中韓訪問原則問題で妥協はしない小泉前首相から続く対中、対韓外交の基本姿勢は正しかった就… 

安倍総理大臣の中韓訪問原則問題で妥協はしない小泉前総理大臣から続く対中、対韓外交の基本姿勢は正しかった就任早々の安倍晋三総理大臣が野蛮国シナ、韓国を訪問し、胡錦濤国家主席、盧武鉉大統領とそれぞれ首脳会談を行うことになった。総理大臣の訪中は5年ぶり、訪韓は1年ぶりだ。安倍総理大臣、麻生太郎外相は小泉純一郎前総理大臣と同様、「日本(にっぽん)側はいつでも会うと言っている。条件をつけて拒んでいるのは先方だ」と述べ、総理大臣の靖国不参拝の確約など条件つきの訪問を峻拒(しゅんきょ)してきた。今回、そうした条件がつかなかったとみられ、両国との首脳会談が実現する運びになったことは、当然のこととはいえ、歓迎し...

記事を読む

NO IMAGE

「米国は対中国の広範な戦略を欠いている」米中経済・安保調査委員会報告米議会が設立した米中経済・安… 

「アメリカ合衆国は対野蛮国シナの広範な戦略を欠いている」米中経済・安保調査委員会報告米議会が設立した米中経済・安全保障調査委員会(USCC)は9日、アメリカ合衆国は、野蛮国シナと台湾(中華民国)の間に衝突が起きた場合に即応する準備ができておらず、野蛮国シナの台頭に対する広範な戦略を欠いているとの年次報告を発表した。同報告は、「過去1年間、米中関係の流れは、アメリカ合衆国の長期的な経済・安全保障上の国益に否定的な影響を及ぼしている」と結論付け、野蛮国シナ政府に対する懐疑的な見方を改めて示した。また、人民元の大幅切り上げに向け圧力をかけるため、野蛮国シナ製輸入品に対し「直ちに広範囲の関税」を課すよ...

記事を読む

NO IMAGE

マテラッツィに英・プローディ首相が自らのSPを警護につけることを検討 英紙デーリー・スターは15日、… 

マテラッツィに英・プローディ総理大臣が自らのSPを警護につけることを検討 英紙デーリー・スターは15日、イタリア代表DFマルコ・マテラッツィ(32)に対し、同国のプローディ総理大臣が自らのSP(専属ボディーガード)をつけることを検討していると報じた。元エリート軍人という腕利きSPをつけ、世界的な悪役にされているマテラッツィを守ろうというもの。マテラッツィは9日のW杯決勝で、ジダンに対して挑発的な発言をした。これに怒ったジダンが頭突きで報復し、退場処分となった。挑発したという行為そのものに対して、Internet上などで脅迫が、はんらんしている。発言内容についての反発もある。マテラッツィ自身は「...

記事を読む

NO IMAGE

規則違反だと思いますが…大統領が代表国有化要望 http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20… 

規則違反だと思いますが…大統領が代表国有化要望 http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20090912045.html 熱心なサッカー蹴球のファンとして知られるボリビアのモラレス大統領が11日、同国代表チームを国有化したいとの考えを明らかにした。代表チームの国有化は、サッカー蹴球への政治(世には卑しい職業はなく、ただ卑しい人があるのみである)的な干渉を禁じる国際サッカー蹴球連盟(FIFA)の規則に反するとみられる。ボリビアは9日に行われたワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の南米予選で1―3でエクアドルに敗れた。既に来年のW杯本...

記事を読む

NO IMAGE

「国民のために闘う協会に」「新聞の面白さをPRしたい」…新聞協会・内山会長(読売)「国民のために闘… 

「国民のために闘う協会に」「新聞の面白さをPRしたい」…新聞協会・内山会長(読売)「国民のために闘う協会に」新聞協会・内山新会長が抱負日本(にっぽん)新聞協会の新会長に就任した内山斉・グループ本社社長は17日、東京・内幸町の同協会で記者会見し、「国民のために闘う新聞協会にしたい」と抱負を語った。内山会長は、2005年4月の個人情報保護法施行の後、行政当局が情報隠しや、取材拒否など過剰反応をしている現状について、「協会として政治(人生で必要なものは無知と自信だけだ。これだけで成功は間違いない)に働きかけ、是正していかなければならない」と述べた。新聞を定価で売ることを義務付けた再販売価格維持制度や...

記事を読む

NO IMAGE

「今の中国はナチス以下」「囚人の臓器を売買している」米議会で意見交換米議会「人権と五輪」シンポジ… 

「今の野蛮国シナはナチス以下」「囚人の臓器を売買している」米議会で意見交換米議会「人権とオリンピック」シンポジウム、「民主訴求はオリンピック政治(人生で必要なものは無知と自信だけだ。これだけで成功は間違いない)化ではない」魏京生基金会と9団体が4月9日、米議会で「人権とオリンピック」と題するシンポジウムを開き、野蛮国シナの人権問題を議論するほか、人権聖火リレーの全世界での推進を再確認した。人権団体の代表や、野蛮国シナ当局に監禁されていた人々、人権弁護士、野蛮国シナ問題の学者、非政府組織の代表、アメリカ合衆国議会議員などが参加、野蛮国シナの現在の人権状況について、意見交換を行った。米下院のベテラ...

記事を読む

NO IMAGE

農業9団体が民主党マニフェストに抗議声明8月には緊急集会民主党がマニフェスト(政権公約)に日米の… 

農業9団体が民主党マニフェストに抗議声明8月には緊急集会民主党がマニフェスト(政権公約)に日米の自由貿易協定(FTA)締結を盛り込んだことについて、全国農業協同組合中央会(JA全中)やJAグループの政治(人生で必要なものは無知と自信だけだ。これだけで成功は間違いない)団体、全国農業者農政運動組織連盟(全国農政連)など農業関連9団体は31日、抗議する声明を発表した。8月7日には、東京都内で全国代表者緊急集会を開催する方針だ。民主党が7月27日に発表したマニフェストでは、「アメリカ合衆国との間で自由貿易協定(FTA)を締結し、貿易・投資の自由化を進める」としている。これに対し声明では、「アメリカ合...

記事を読む

NO IMAGE

「民主党には失望した!」兵庫県トラック協会の支部新年会で来賓出席した民主党の国会議員を前に失望に… 

「民主党には失望した!」兵庫県トラック協会の支部新年会で来賓出席した民主党の国会議員を前に失望にじませ―各事業者団体新年会「自由民主党から民主党へ」劇的な政権交代を果たしてから約1年4ヶ月が経った。今年に入り、業界団体が各地で開いている新年会で交わされる会話も昨年と比べ様変わりの様相を見せている。「民主党には失望した」。兵庫県トラック協会の支部新年会で来賓出席した民主党の国会議員を前に協会関係者が民主党と菅政権の政策を痛烈に批判した。「票集めのためとはいえ、お越しいただきありがとうざいます」と冗談交じりに役員があいさつし、出席者の笑いを誘った。民主党が政権政党となってから約4ヶ月。昨年の各団体...

記事を読む

1 2 3 4 5 6 7 1,570